読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

島村楽器 イオンモール岡山店 シマブロ

島村楽器 イオンモール岡山店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

ホットライン2009 vol.1 ライヴレポート

レポート

ついに始まりました、ホットライン!今年も様々な感情とドラマが交錯する夢舞台の幕開けです。

さて、初回、5月24日の参加バンドは3組。

出演バンドは順に、L’ed、鼻歌ドロボウ、晴れのちうた。コピーバンド2組、オリジナルバンド1組の参加となりました。

参加バンドは3組と少なかったですが、観客の動員数は上々で、開催場所となったAスタジオは常時30名以上のお客さんでごった返していました。

話は出演バンドに移りまして、2009ホットラインの幕開けを飾ったのは3ピースバンドL’ed。

20090603-P1000860.JPG

なんとこの日がバンド結成以来の初ライヴ。THE YELLOW MONKEYのカバーでの挑戦でした。

 

1バンド目だったこともあり最初は緊張した面持ちでしたが、ライヴに入ると、初めてのライヴとは思えない堂々とした演奏を披露してくれました。

荒削りな部分もありましたが、時折垣間見えたグラムロック的なセクシーさと、いい意味での男くさいロック魂がビンビンに伝わってきました。

2バンド目は、2人組アコースティックデュオの鼻歌ドロボウ。

20090603-P1000863.JPG

その茶目っ気たっぷりのバンド名とは裏腹に大人のムード漂うしっとりとしたバラードを聴かせてくれました。

大学のサークルなどを中心とする二人組らしく場慣れしていて、落ち着いたライヴ運びで流れを作ってくれました。

そしてこの日のトリは、岡山駅周辺で弾き語りなどをして活動する2人組、晴れのちうた。

20090603-P1000867.JPG

精力的に路上ライヴを行っている2人組ということもあり、この日一番の動員数と盛り上がりをみせていました。

キャッチーな歌メロとさわやかな歌声でライヴ終盤には手拍子が巻き起こり、観客との一体感もバッチリでした。

今回のホットラインの観客の年齢層は若者が多く、特に十代の女の子たちがたくさん観にきていたのが印象的でした。

さて、次回のホットラインは6月21日。たくさんのかっこいいバンドが参加してくれることを期待しています。

この日の岡山店Aスタジオはきっと岡山のどこよりもアツい場所になるでしょう。乞うご期待!

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.